更年期障害の症状:ベスト8つ

更年期障害

更年期障害という言葉はよく聞かれるものですが、実際の症状や原因について説明していきます。

我々人間はホルモンの分泌によって体の成長や様々な器官の発達、そして日常生活を送るうえで必要な働きを体の内部で自然に行うことができます。

特に女性は、女性ホルモンによって定期的な生理周期を行い、体のサイクルが出来ています。その女性ホルモンは年齢とともに低下してしまうのです。

女性ホルモンの働きは妊娠するための卵子を排卵させたり、精子との結合、そして子宮内で受精卵を育てるといった子どもをお腹で育て産むということが可能になります。

また定期的な整理を起こすことで子宮内部の不要物を排出させて柔らかで弾力性のある子宮内部を作り上げます。更にそのホルモンは自律神経のバランスにも密接に関わっているために、必要巣可決であるといえます。

こうしたホルモンの分泌がある程度の年齢に差し掛かると急激に低下してしまい、心身ともに様々な不調を引き起こしてしまうというのが更年期障害です。

更年期障害とは

更年期障害とは、加齢などによってホルモンの分泌が充分になされなくなったために起こる様々な弊害ということです。

そして多くの場合40代に差し掛かるころから感じることが多いものです。

更年期 改善方法

更年期障害の症状

更年期障害の症状としては人それぞれ千差万別といえますが、多くの人が感じるものを上げていきます。

だるい

だるいということは特に多いものです。だるさは何となく体に力が入りにくい、疲れを常に感じてしまうということです。

これは血流の悪化によるものが大きいです。

ホルモンは血流を正常に保つ働きがあるので、これが乱れてしまうことでだるさを感じることがあるのです。

のぼせ

のぼせも多くの人が感じる症状です。

前述したようにホルモンは自律神経のバランスを担っています。自律神経は体温調節を行う働きがありますが、その場に応じた働きができなくなり、急に体温が上昇してしまうことでのぼせる感覚が出てしまうのです。

多汗

多汗ものぼせに通づることから起きます。

発汗することで人間は体温調節をしますが、体温が急激に上昇することで発汗作用が働き、汗が大量に出てしまうのです。

更年期の時期はタオルを常に持参しているという方も多くいます。

手足の冷え

手足の冷えを感じる方も多いのですが、これは血流が良くないことで毛細血管の隅々まで酸素がいきわたらずに血が滞ってしまうことで起きやすくなるのです。

尿トラブル

尿トラブルは、更年期の時期には体内部の不要物が体内に残ってしまうことが多くなりますが、やはり血流が悪くなることで体内循環が悪くなり、尿の出が良くないと感じることが増えるのです。

動悸

動悸を感じる方も増えますが、これは脈拍を司っている自律神経が乱れているために起こりやすくなるためです。

イライラ

イライラは脳への酸素不足で精神的な不安定が起こされやすくなること、そして様々な体の不調が知らず知らずのうちに精神的なものへと流れやすくなることで起きます。

不安感

不安感も起きやすくなります。ホルモンの分泌は感情を形成する大脳の影響を受けているので、それが減少してしまうことで強いストレスや不安を感じやすい状態になっているといえます。

更年期障害:まとめ

このように更年期障害の症状は日常生活に直結して様々な影響を与えてしまうものが多いです。

  • 感情のコントロール
  • 体の不調のコントロール

をとれるように、無理のないスケジュールを組んだり、気持ちをリラックスできるような環境や時間をとる、周囲の人たちの理解を得る、バランスの良い食生活や適度な運動、良質な睡眠などを心がけて少しでも前向きな生活をしていくことが大切です。

そして、そんな自分自身を受け入れてこの年齢を楽しむような気持を持てるようにすることも必要です。

更年期サプリ@更年期障害に良いサプリメント
更年期障害サプリメン

広告掲載について/ プライバシーポリシー/ サイトマップ