乾燥肌もニキビの条件に

皮脂の過剰な分泌の影響でもらえる面皰は、オイリー表皮の人のほうができ易いと思われがちですが、本当はその大部分は乾燥肌によって引き起こされている。

乾燥肌は、主に肌の表層部に残る角質層のモイスチャーが無くなることによって生じますが、角質層の湿気が無くなると表皮の表面が硬くなる結果、毛孔の第一歩が硬くなるとともに、毛孔オールが細長く小さくなってしまう。
このため、どんなに皮脂の分泌が少量でも毛孔に滞り易くなるため、アクネ細菌などの黴菌の温床と達する尖端栓ができ易くなります。
また、表皮が乾燥すると、表皮の表面を囲う皮脂膜が十分につくられなくなるため、表皮のバリア稼働も低下してしまいます。
表皮のバリア稼働が低下すると、人材は護身のために皮脂の分泌容量を増加させる結果、面皰もでき易くなってしまうのです。

このように、乾燥肌になると、皮脂の分泌が促されるとともに、毛孔が滞り易くなるため、面皰ができ易くなります。
乾燥肌は、過剰なシャンプーで皮脂を落としすぎたり、偏った食事などによって肌の新陳代謝が低下していたりするときに起こりやすいので、ビタミン・ミネラルの豊富な緑黄色野菜や海藻集団、果物などを連日積極的に食するとともに、表皮に手シャンプーを努め、仕上げに表皮に暖かい保湿水で敢然と保湿して面皰ができ辛い表皮をつくりましょう。

広告掲載について/ プライバシーポリシー/ サイトマップ